金閣寺

(2006/03/24 京都観光半日コース@)

金閣寺総門、案内前でをバスガイドの説明を聞く
総 門より境内へ入る。
舎利殿 金閣
二層と三層は、漆(ウルシ)の上から純金の箔が張ってあり、屋根は椹(サワラ)の薄い板を何枚も重ねた柿葺(コケラブキ)で、上には中国でめでたい鳥といわれる鳳凰(ホウオウ)が輝いています。一層は寝殿造(シンデンヅクリ)で法水院(ホッスイイン)、二層は武家造(ブケヅクリ)で潮音洞(チョウオンドウ)とよばれています。三層は、中国風の禅宗仏殿造で究竟頂(クッキョウチョウ)とよばれ、三つの様式を見事に調和させた室町時代の代表的な建物と言えます。
 
昭和62年(1987)秋、漆の塗替えや金箔の張替え、更に天井画と義満像の復元を行いました。(ここをマウスでダブルクリックして、文章を入力してください。)
夕 佳 亭近くの祈願、御札受札所。
茶 所
点出しは作法を必要としません。
時間もかかりませんので、時間がかからず気軽に
利用できる。
夕 佳 亭

 安民沢をすぎて山路を登ると、夕佳亭(セッカテイ)があります。江戸時代、傾きかけた金閣を復興し、池泉庭を修復したのが鳳林承章(ホウリンジョウショウ)でした。修学院を造営した後水尾(ゴミズノオ)上皇の為に、承章が金森宗和(茶道家)に造らせたのが夕佳亭です。宗和が好んだ数奇屋造りの茶席で、夕日に映える金閣が殊(コト)に佳(ヨク)いということからこの名が付けられました。南天の床柱と萩の違い棚で有名な3帖の茶室です。

巌 下 水
巌下水(ガンカスイ)は、義満公が手洗いに用いたといわれています。
不動堂
本尊は弘法大師が作られたと伝えられる石不動明王で、霊験あらたかな秘仏として広く一般に信仰されています。節分と8月16日に開扉法要(カイヒホウヨウ)がいとなまれます
線香に煙る不動堂前の風景。
裏門出口に露店が並ぶ。
裏門。

戻る