京都・嵐山嵯峨の紅葉
二尊院の紅葉

二尊院は834年に嵯峨天皇の勅願で天台宗の慈覚大師が開祖となって建立されました。
釈迦如来と阿弥陀如来を本尊とするため、二尊院とよばれています。
総門は伏見桃山城の薬医門を映したもので、門から本堂までの参道は紅葉が綺麗でした。

※最初の画像クリックで自動スライドショーになります。